プラネタリウムワークス

移動式プラネタリウム/小・中学校の理科授業

最終更新:2023年10月3日

申込用紙ダウンロードはこちら→ファクシミリ見積・申込用紙(小・中学校用/PDFファイル97KB)


新型コロナウイルス感染防止対策と現在の状況について

  • 定員は、従来の半数~7割程度とし、気積を確保し、換気を重視して運用しています。(5mドーム:15~20人程度、7mドーム:25~30人程度、10mドーム:60人程度)
  • エアドームは送風機から常時供給される外気で自立しています。つまりエアドーム内は常に強度の換気が行われており、換気は十分と認識しています。
  • 感染防止のため最新の情報収集を行うとともに、新たな対策や要請が出た場合には迅速に対応します。
  • 当社の安全対策はエアドームの安全対策についてページに記載しています。

令和5(2023)年度の実施について

  • 児童同士の間隔を確保して密にならないようにするため、当社では令和4(2022)年度より10メートルドームを導入し、安全に運用しております。 従来使用していた7メートルに比べて床面積は2倍以上となり、より感染防止に配慮いたします。なお、10メートルでも7メートルでも料金は同一です。
    10mエアドーム
  • 社会情勢の変化に伴い2023年4月1日に価格改定を行いました。児童1人あたり800円(税込み)ですので、ご了承ください。先生やスタッフの方は無料です。なお、一日の参加児童数が50人に満たない場合には、基本料金として50人分の料金となります。また、関東圏外の場合には、別途交通費が加算されます。
  • 2023年4月1日に本年度版のダイレクトメールをお送りいたしました。資料を希望される方は、お問い合わせ先よりご請求ください。

小・中学校の理科授業

ドーム内イラスト(児童)

学校の体育館でプラネタリウム授業

  • 体育館や多目的室にエアドームを設置し、クラス単位での理科授業が実施できます。小4・小6・中3の学習指導要領(理科)を基に、各社の教科書ともマッチした内容で星空を投映して、理解を深めます。
  • エアドームは直径10メートル(※新型コロナウイルス感染防止対策として暫定的に50人程度)と、直径7メートル(※新型コロナウイルス感染防止対策として暫定的に30人程度)、直径5メートル(※新型コロナウイルス感染防止対策として暫定的に20人程度)の3種類。番組は解説員がライブでお話しします。
  • 始業の時刻になりましたら、解説員が自己紹介ののちドーム内に誘導し、二重の輪になって座ります。星空の設定場所は学校の校庭なので、自分の街から見上げた星空で学習できます。
  • 投映の内容は、エアドーム内での東西南北を確認したのち、日没から星が見えはじめ、空が暗くなるまで時刻を進め、観察しやすい時間帯に設定して解説を行います。
  • 一通りの解説が終わったらドームの外に出て整列し、振り返りを行ったのち、質問タイムにします。
  • 普段から感じている天文や宇宙への質問に、わかる範囲で即座に答え、さらなる質問も受け付けます。
  • 学校公開にも対応できます。保護者や同伴者の入場も可能です(途中での出入りはご遠慮ください)。

投映の内容について

 当社では、理科教科書のうち、主に首都圏で使われている5社(学校図書、教育出版、啓林堂、大日本図書、東京書籍)の小4、小6、中3の現行版を用意して内容のご提案を行っております。学習の進捗状況によりカスタマイズも可能ですのでお問い合わせください。前出5社以外の教科書の場合でも調査いたします。

小学校第四学年の理科授業「月と星」(小学校学習指導要領平成29年告示より)

  • 月は日によって形が変わって見え、1日のうちでも時刻によって位置が変わること。
  • 空には、明るさや色の違う星があること。
  • 星の集まりは、1日のうちでも時刻によって、並び方は変わらないが、位置が変わること。
  • 月や星の特徴について追究する中で、既習の内容や生活経験を基に、月や星の位置の変化と時間の経過との関係について、根拠のある予想や仮説を発想し、表現すること。

小学校第六学年の理科授業「月と太陽」(小学校学習指導要領平成29年告示より)

  • 月の輝いている側に太陽があること。また、月の形の見え方は、太陽と月との位置関係によって変わること。
  • 月の形の見え方について追究する中で、月の位置や形と太陽の位置との関係について、より妥当な考えをつくりだし、表現すること。
  • 月の形の見え方については、地球から見た太陽と月との位置関係で扱うものとする。

中学校第三学年の理科授業「地球と宇宙」(中学校学習指導要領平成29年告示より)

  • 天体の動きと地球の自転・公転。
  • 日周運動と自転、年周運動と公転。
  • 太陽系と恒星。太陽の様子、惑星と恒星、月や金星の運動と見え方。
  • 7クラス以上の場合は2日間開催となります(追加料金はありません)。

実施までの流れ

1 実施会場の確認のお願い

屋外や駐車場等では実施できません。体育館を強く推奨します。多目的室などの教室でも実施可能です。お部屋の広さを確認してください。天井高が3.2m未満の場合でも2.7m以上あれば頂上部が平らになりますが、エアドームでの投映は可能です。

7mと5mドーム設置に必要な広さの図
ドーム直径 必要な高さ 必要な広さ 中に入れる人数(児童生徒と先生スタッフの合計)
10m 7.0m以上 11m x 11m 以上 ※新型コロナウイルス感染防止対策として暫定的に50人程度
7m 4.2m以上 8m x 8m 以上 ※新型コロナウイルス感染防止対策として暫定的に30人程度
5m 3.2m以上 6m x 6m 以上 ※新型コロナウイルス感染防止対策として暫定的に15人程度

2 お見積もり・お申し込み

お見積もりやお申し込みは、Web・お電話・ファクシミリの、いずれかで承ります。実施可能な日付は当社Webサイトの「カレンダー」ページから確認できます。お電話でのスケジュール確認も随時、受け付けております。 お見積もり・お申し込み書が当社に到着しましたら、当日のスケジュール案を作成してメールもしくはファクシミリにて送ります。

Webからの場合は、お見積もり・お申し込みフォーム(小・中学校用)よりお願いします。

ファクシミリの場合は、お見積もり ・ お申し込み用紙(小・中学校用/R5・2023年度版)をお使いください。

3 実施当日

準備調整 当日は1人で、ワゴン車(天井高1.95m)1台で伺い、機材を会場に運搬します。荷下ろし後の車両の駐車スペースの確保をお願いします。準備調整作業は約60分です。準備完了後にスタッフ向けのデモ投映も可能です。

投映 スケジュール表に従って進めます。エアドームの前に集合しましたら、当社の天文解説員が諸注意などの説明後に、ドーム内へご案内します。投映終了後は、全員がドームの外に出てから、あいさつをして終了します。エアドームは遮音性能はありませんので、次のクラスは静かに待機をお願いします。

片付け ドームや機材の片付けに最大40分かかります。

精算 お支払いは、当日現金または銀行振り込み(手数料当社負担)のどちらかをお選びいただけます。

領収書 当日現金の場合には、その場でお渡しいたします。銀行振り込みの場合には、入金確認後に郵送いたします。個別支援級や特別支援級など宛名変更が必要な場合はお申し付けください。


料金(令和5(2023)年4月1日より)

  • 800円(税込)× 当日の参加児童生徒数 + 交通費
  • 社会情勢の変化に伴い、令和5(2023)年4月1日より、上記価格に改定いたします。ご了承ください。
  • ≪例≫ 東京都三鷹市の小学校で参加児童数80人の場合は、800円 × 60人 = 48,000円(税込み)です。交通費は関東圏内の令和5(2023)年度に限り無料としています(下記参照)。
  • 児童生徒の人数が50人に満たない場合には、40,000円(税込み・50人分の料金)となります。
  • 当日の参加児童生徒数で計算します(欠席者分は不要です)。
  • 関東圏内(東京・千葉・神奈川・埼玉・栃木・群馬・茨城・山梨)の交通費は、令和5(2023)年度は無料といたします。
  • 関東圏外の交通費は、弊社より50キロあたり2,000円と高速道路通行料金です。100キロを超える場合には前泊料金(1泊10,000円)、500キロを超える場合には移動日の人件費(1日20,000円)が追加になります。
  • 児童生徒以外の、先生やスタッフは無料です。学校開放等での保護者も無料ですが、収容人数にご注意ください。
  • お支払いは、当日現金(全部硬貨も可・両替手数料は頂きません)、または後日振込(手数料は当社負担)、公費払いも対応いたしますのでご相談ください。小切手(銀行渡し)は対応可能ですが約束手形はご遠慮ください。

お見積もりや、お問い合わせ・お申し込み

お見積もり・お申し込みフォーム

(Googleフォームの画面が開きます)

 Webフォームからのお見積もり・お申し込みでは電子メールアドレスが必須となります。学校の共有アドレスなどで運用が難しい場合には、ファクシミリでのお見積もり・お申し込みをどうぞ。

 ファクシミリの場合は、お見積もり ・ お申し込み用紙(小・中学校用/R5・2023年度版/PDFファイル)をダウンロード後に印刷してお使いください。

電話:03-6638-6547 (携帯電話転送あり/上映時等は留守番電話となります)

無料LINE通話 @703xdfcf 当社LINE公式アカウントの通話サービスとなります(Wi-Fi接続ではない場合などは別途パケット通信料がかかる場合があります)。下記QRコードからどうぞ。

ファクシミリ:03-6231-8139 (自動受信専用回線/24時間受信可)

電子メールアドレス: pw-info アットマーク pla-works.jp ( アットマーク を半角@に直してください)

LINE公式アカウントを開設しています。お客様のLINEからチャットで質問が出来ます。「友だち追加」して質問をどうぞ。友だち検索から @703xdfcf でも見つかります。

お電話/LINE通話の対応時間帯:通話に出られない時以外は応答いたしますので、お気軽にどうぞ。


よくある質問(小・中学校用)

どんな内容ですか?
教科書に沿った内容です。エアドームの中に入って床に座り、見上げた半球天井面に太陽や月、星を映して、解説員が生でお話します。一方的に話さず、子どもたちの反応を見ながら話を進めていきます。
解説員は、どんな人ですか?
プラネタリウムで学習投影を5年以上実施している職員です。教員免許や指導者の資格所有者の実施が必須な場合にはご相談ください。
ドーム直径で料金は変わりますか?
変わりません。20人のクラスでも10メートルドームでご覧いただけます。体育館が使えない場合などのために、7や5メートルをご用意しています。
ドームの定員は何人ですか?
10mドームで50人程度です。一回の人数が50人以下であれば、1校時に2クラス同時投映も可能です。
7クラスなので2日間開催となりますが、料金は変わりますか?
変わりません。料金は人数×単価で算出します。回数やドーム直径では金額は変わりません。1日で実施できず2日間実施した場合でも人数が同じであれば同額です。
何日前までに申し込めばいいですか?
一週間前が目処ですが、日程が空いていれば前日のご依頼にも対応できます。先着順ですので、お早めの日程確保がよろしいかと思います。
2クラスでも50人に満たないのですが実施できますか?
もちろん実施可能です。料金は最低実施料金(50人分)の¥40,000-(税込)となります。4年生と6年生の合同開催や、3年生や5年生用のプログラムも可能です。
近隣校と共同開催でも良いですか?
良いです、むしろ推奨します!会計が複雑になりそうでしたら、定額式でもお請けいたしますのでご相談ください。
学校側で何か用意する物はありますか?
ありません。マイクや機材一式を、すべてお持ち込みいたします。
スケジュールは、どうやって作ればいいですか?
各回は、クラス別に投映するのが一般的です。時間は学校時程に従うとスムーズです。小学校の場合は45分、中学校の場合は50分で投映します。ご希望があれば特別時程を組むことも可能です。クラスが多い場合は、午前・午後両方の開催も可能です。
個別支援や特別支援の児童生徒も、一緒に見られますか?
もちろん見られます!途中で退出することも可能ですので、まずは一緒に星を見てみましょう。
個別支援や特別支援の請求書や領収書を分けられますか?
分けられます。請求書や領収書に記載する宛名をメールやファクシミリ等でお知らせください。
ドーム前で集合写真は撮れますか?
はい撮れます。ぜひ記録を残してください。
ドームの中で、星と一緒に写真が撮れますか?
最近のスマホですと撮影できます!貴校のWebサイトや学年通信等で自由にお使いください。撮影サービスも承っています。
お部屋を暗くした方がいいですか?
明るいままで大丈夫です。お部屋の電気も消さなくても、エアドームの中では たくさんの星が見えます。エアドームに直射日光が当たる場合はカーテンをお願いします。
ドームの中は暑いですか?寒いですか?
室温と同じです。児童生徒の体温で少しずつ暖かくなります。お部屋のエアコンを少し強めにすると快適です。
体育館にクーラーがありません。夏場は大丈夫ですか?
携帯型熱中症計で熱中症(WBGT)指数をモニターしながら実施します。続行不能と判断した場合は延期もしくは中止する場合があります。気温によりスポットクーラーを用意しますが万全ではありません。冷房設備がないお部屋の場合は、6月下旬から9月中旬までの実施は推奨しません。
骨折して松葉杖の児童がいますが一緒に見られますか?
見られます。中に椅子を入れて座る事も可能です。当日の対応が可能ですのでご安心ください。
多動の児童がいますが一緒に見られますか?
もちろん見られます。途中での出入りにも対応しますのでご相談ください。
車いすの児童生徒がいますが一緒に見られますか?
見られます。車いすのままエアドーム内に入れます。台数が多い場合は事前にご相談ください。
学級閉鎖の場合は?
代替日程での開催対応が可能です。風邪などで欠席者が増えてきましたら、まずはご相談ください。
聞きたいことが上記に無い
お気軽にお問い合わせ用フォーム(一般用)よりお問い合わせください。みなさまの素朴な疑問に助けられて、このFAQは作られています。